御遺命の戒壇に関するご指南(資料)

総本山大石寺開創七百年慶讃大法要

  慶讃文   秋光清澄ニシテ禾穀成熟ノ候   此處大日蓮華山大石寺ニ於テ 四域ヲ嚴淨シ当山開創七百年本會慶讃大法要ヲ修ス  謹テ   南無本地難思境智冥合久遠元初自受用報身十界本有常住事一念三千人法一箇独一本門之大御本尊   南...
御遺命の戒壇に関するご指南(資料)

法華講連合会第27回総会の砌

       総本山大石寺開創七百年の佳節を記念して、全国法華講皆様のこの客殿前広場ほか、すべてを埋め尽くす大総会、そしてこの結集の大成功を、まずもって心からお祝いし、お喜びいたします。おめでとうございます。  「三万総登山」の命...
旧ブログ記事

昭和42年寄稿文

平成21年(2009年)1月5日 早速コメントを頂戴したわけですが…。ありの金吾さんのコメントの >いわゆる「御遺命守護の戦い」も複雑な経緯があり、一時期の宗門高僧の発言を取り上げて「御遺命違背だ!」と言うのは早計で...
旧ブログ記事

巧於難問答の行者?

ネタ切れというわけでは無いのですが、私にはあちこちに書き散らかした記事が相当ありまして、今読み返してみても現在でも通用するかな?と思われるものも散見されるので、改めてアップしてみたいと思います。   なお当時についたコメントもそのまま掲載...
日顯上人御遷化

血脈断絶は無かった

令和元年9月20日、第67世日顯上人猊下が御遷化遊ばされました。 顕正会では日達上人から日顯上人への御相承は無しえず血脈は断絶したとの主張をして久しいですが、この御遷化によりその邪推も一刀両断にされました。 善...
日顯上人御遷化

日顯上人御遷化

令和元年9月20日 日蓮正宗前法主第67世日顯上人が御遷化遊ばされました。御本葬が終わるまではこの件に触れることを自粛しておりましたが、初七日忌法要も無事に終了しましたので少しばかり書いてみたいと思います。 御尊顔...
簡単に分かる顕正会の誤り

御遺命守護の経緯 1

そもそも顕正会に存在意義など無いのですが、平成10年4月10日以降は顕正会が日蓮正宗から離れていなければならない意味が完全に喪失致しました。 若い方や最近顕正会に入られた方においてはその点をハッキリと認識できていない...
元顕正会員の体験談

乙女ごころ傷つけた師匠の小心

  手記 女子部組長 武田満子     今度、私達は妙信講を脱講させて頂きました。妙信講に入講してわずかに二年ではありましたが、この短い間に何度私達は不信を抱いたかわかりません。   例えば私自身も何度か参加致しましたが広報活動と...
元顕正会員の体験談

嘘を強要する「顕正新聞」

手記 女子部班長 武田真理     今度、妙信講を脱講させて頂きました。私の目で見てきた妙信講は初めは漸新さを感じましたが、一つーつを冷静な目で見極めて参りました時、何かしら仏法を奉じている団体の姿ではない様な感を抱いて参りました...
元顕正会員の体験談

血脈付法の猊下の御指南のままに

手記 広島支区部長 武田智子   二年間お世話になっておりました妙信講を今度、意するところありまして脱講させて頂きました。   短かった二年間ではありましたが仏道修行をする者としてあやまった修行をしてはならないと家族全員種々の角度...
タイトルとURLをコピーしました